米倉斉加年 海流座公演

2008年07月03日

八女市町村会館は35年間の幕を閉じます。感謝の気持ちを込めて
「ありがとう市町村会館特別企画」が開催されます。

まずは、米倉斉加年 海流座公演で
「父帰る」「二十二夜待ち」が本日3日、午後7時からの開演です。

海流座は、米倉斉加年が新劇の仲間と芝居をするために作った一座です。




今日知ったので、ちょっと難しいでしょうが、時間的に余裕あれば
お出かけください。
入場料は、前売りと同じ2000円だそうです。

明日は八千代座で開催されます。
八女市民劇場も参加しています。


他にも、7月13日は「夕凪の街 桜の国」、19日は「福島高校吹奏楽部定期演奏会」
21日は、「ミュージカルオペラ 魔法の笛と鈴 」、26日は、「アマチュアバンドライブ」
27日は、「ありがとう市町村会会館 ファイナルステージ」があります。

詳しいお問い合わせは、0943-23-2131(八女市町村会館)にお電話ください。
  


Posted by nakamura-shika at 14:05Comments(0)八女の町