手編みのスカーフ

2008年11月18日

79歳の室園さんは、待合室で待っている間にスカーフを編んでありました。
鈎針で、長編みとこま編みを組み合わせているそうです。

老人会の展示会に出品するように頼まれて作ってあります。






立体的な編み方でとても素敵です。
網目は320で、自分の首に巻いて少しおろせるくらいの長さだそうです。
ブローチを使ってとめたり、結んだりして使われるようです。

室園さんは、おしゃれでいつもきちんとしてあり、楽しんで作ってあります。
我流といわれましたが、とても素敵で、出来上がるのが楽しみです。

私は、編み物は中学の頃、祖母に三角ストールを編んだくらいです。
手作りできる人が、うらやましいです。  


Posted by nakamura-shika at 19:54Comments(3)その他

やめぼん

2008年11月18日

八女が大好きな若い人が集まって、八女でのタノシミの
参考になるように「やめぼん」を作っています。
第3号が完成しました。特集は「土橋」です。







皆さん、あまりご存知ではありませんが、隠れた異空間です。
現在は飲み屋街で知られていますが、戦後は、かなりの賑わいだったそうです。
土橋八幡宮の中にあるのです。びっくりでしょう。

「土橋商店街」。専門の先生の話では、この土橋市場は、フランス、パリで
多く見られるパサージュと同じタイプだそうです。


とにかく、現地に遊びに来てください。面白いですよ。

  


Posted by nakamura-shika at 18:54Comments(0)八女の町