桧原桜!

2009年03月05日

今日の西日本新聞夕刊に 「桧原桜」 の記事が出ていました。
皆さんは、ご存知ですか?

福岡市南区桧原の道路沿いの桜の木が十本あり、道路拡張工事のために
桜の木は開花を待たず切り倒される運命にあったのです。

昭和59年の春のことです。
その時に次の一首が吊るされていました。

「花あわれ せめてはあと二旬 ついの開花を 許し給え」


これに対して、当時の福岡市長であった進藤一馬氏が返歌をしています。

 (はな)
「桜花惜しむ 大和心の うるわしや とわに匂わん 花の心は」


進藤市長は、再検討を促し、その結果、十本のうちの八本は
歩道に組み入れられて残されて、新しく並木用に桜の若木二本も
植えられることになったのです。


その時の最初の一句を読んだ人が土井さんで、 「花かげの物語」
いきさつが詳しく書かれています。






進藤さんについては、 「雲峰閑話」に詳しく書かれています。






今年も桧原には桜の花がたくさん咲くと思います。
こんな素敵な話があったことを覚えておいて欲しいと思います。


このような風流人であり、福岡市の為にいろんな業績を残された進藤さんの
ことを皆さんが忘れないことを祈っています。


今年こそは、桧原桜を見に行きたいです。



  


Posted by nakamura-shika at 21:01Comments(4)

出来立て!

2009年03月05日

松尾さんが、家でとれた小豆を使っておはぎを作られて
持って来られました。





もちろん、あんこも手作りで、ほどよい甘さで美味しかったです。
(ブログを書くためにちょっとつまみ食いしました)
粒餡と青海苔、どちらも好きです。
買ったと思うくらい形も味も上手です。

甘い物はどうかと思ったけれどと言われましたが、
摂る量と摂り方を間違えなければ食べても構いません。
皆で遅いおやつに頂きます。


野菜を食べないだろうからと私には、茹でた菜の花も頂きました。
今日の夕食に早速食べる予定です。





心のこもったおはぎ、とても嬉しいです。
松尾さんありがとうございました!  


Posted by nakamura-shika at 16:15Comments(2)その他

太陽君!

2009年03月05日

トリヤス久山のコストコで買って6年になります。

かわいくて、愛嬌があるし、本物っぽいでしょう。
「太陽」と名前をつけました。






後ろ姿もなかなか哀愁があるでしょう。




ぬいぐるみは本来好きではありませんが、太陽君を見ていると癒されます。
手や足や顔の具合によって表情が変わって見えるんです。

かわいいでしょう!

  


Posted by nakamura-shika at 14:20Comments(0)その他