タタキ(三和土)作り!

2009年04月16日

本日、午後1時30分から、NPO法人八女町並みデザイン研究会主催
「伝統工法 三和土(タタキ)」研修会がありました。

場所は、高橋家 北棟で、建築年代は江戸後期です。

タタキは、土に石灰や水を混ぜて練った物を塗り、たたき固めて仕上げた土間です。
八女では、一般の民家の土間のタタキでは、特に硝石灰やにがりなどは入れずに、
田畑の土を使い、あまり叩きしめることもなかったようです。

職人さんがたたき固めてあります。




今回は3層方式で行なわれ、今日は3層目の見学でした。
まずは、二層目の上に水を少し流して土を入れて脚で踏み固めます。
その後に、「たたき台」を使って12cmの土を10センチまで叩いていきます。

私もたたき台を使って土を叩きましたが、とても難しく、きれいに仕上がるのは
本当に難しいだろうと思います。





このような町屋作りの中での伝統工法を見学できたのは良かったです。
これからも伝統工法が守り引き継がれていくことを願います。


高橋家の完成が待ちどうしいです。
修復された八女の町屋は増えています!見学においでください。



  


Posted by nakamura-shika at 20:21Comments(10)八女の町

KJ法で検討

2009年04月16日

5月からはじめるメッセージボードについて
どのような形がいいか皆で検討しました。

昼休み前の短時間ではありますが、KJ法で
ポストイットを使って意見を出し合います。





方針が決定したので、まずは院長の私が担当して、メッセージを送ります。
順次、スタッフも担当します。

スタッフの作ったボード置きはなかなか素敵です。
こちらのほうは、5月に公開しますので、お楽しみに。


これからも来院者の皆さんのお手伝いが出来て、
健康作りの一助になるようにスタッフと共に頑張ります!
  


Posted by nakamura-shika at 14:50Comments(2)歯の健康

トンネル藤!

2009年04月16日

八女の伝統工芸館南側の鉄道公園脇
昭和60年に廃線になった時に不要になったレールを
棚に利用して藤が植えられています。

「トンネル藤」です。







長さ約500メートルです。





午後6時から午後10時まで、藤の花が八女の提灯のあかりに照らされて、
幻想的できれいです。

ここの藤は、花が垂れるものやそうでないものなど4種類あると聞いています。
来週くらいまでは見れるでしょう。


甘い香りがする藤のトンネルにお出かけください。


  


Posted by nakamura-shika at 14:17Comments(4)八女の町