URUSHI ー TAMA

2009年12月01日

八女本流の作品を紹介します。
URUSHI -TAMA です。

八女の仏壇に欠かせない漆塗りの技術を使っています。





手のひらにおさまるほどよい大きさ。手触りのつるつるのものと、
風砂を表面に漆をぬりこめてざら目のような質感を出したものです。


近松辰夫商店の作品です。

自然塗料の漆の餅癒しの効果を肌で感じる「漆玉」です。

素敵ですね。
飾って良し、触って良しの作品です。

まだ素敵な作品がありますので、お楽しみに!

八女本流についてのお問い合わせは、八女商工会議所です。
電話 0943-22-5161です。  


Posted by nakamura-shika at 20:30Comments(2)その他

これは何でしょう?

2009年12月01日

八女には仏壇、提灯石燈籠、蒔絵、和紙、房、蝋燭、竹細工などの
職人さんが織り成す技がたくさんあります。

その職人さんたちが各々の技術を重ねあって出来上がった製品があります。
それが、「八女本流」 です。

その中の作品の一つです。
何に使われるかわかりますか?




これは、「ペットの仏壇」です。
隈本木工所の独楽の穴ぐりという加工技術を使って出来ています。


下の写真は、マルチボックスです。
小物入れなど自由に使えます。




カエデ、けやき、ウォールナッなどの天然木を使って
自然の風合いが出ています。

他にも八女オリジナルの素敵な作品があります。
次回を紹介しますので、お楽しみに!
  


Posted by nakamura-shika at 14:19Comments(8)よく行くお店