明治の箱雛

2010年02月21日

八女の紺屋町では、空き店舗を使って紺屋町商店街の活性化のために
おひなさまの展示をしています。

写真は、明治21年の箱雛で、顔は彫って作っているそうです。
これは珍しく、よく見ると顔が少し凸凹してしています。




箱雛は、八女地方独特の雛人形です。江戸時代後期から昭和の初めまで
八女福島の仏壇屋や大工の副業として注文に応じて作られていました。


こちらは、昭和17年の箱雛です。





箱雛ではありませんが、なかなか素敵でしょう!






他にも5段飾りの大きな雛飾りなどが展示されています。
またももの節句の吊り飾りもあります。

八女に来られたら、是非、紺屋町商店街にお立ち寄りください。  


Posted by nakamura-shika at 20:06Comments(6)八女の町