おもしろい鬼瓦

2010年03月14日

八女ふるさと塾では、本日聞き取り調査を行ないました。
私たちのグループは、西宮野町の下妻蒲鉾店に伺いました。

ご主人の守さん、容子さんご夫妻にお話を聞きました。
こちらの鬼瓦は面白いんです。



魚の文字が見えるでしょう!
実は戦前は、魚市場だったんです。
約80年前建てられたものです。

柳川から、天秤棒で魚を運んで売りながら八女まで来て
その後は黒木までも売りに行ったそうです。


守さんの3代前から蒲鉾屋さんになり、現在に至っています。
下妻さんは細工物がお得意で上手だそうです。

その時に使っていた木型です。
お菓子屋さんで使うような精密な絵柄です。




エビ、亀、鶴(大小)、扇、タケノコです。
今は金型になり使っていないそうです。

昔は、結婚式の引き出物には、鯛を焼いてそこに扇の形をした
蒲鉾を添えるのが普通だったそうです。

面白い写真をみせてもらいました。
珍しい戦前と思われる土橋の写真です。




昭和16年くらいの往還通りの様子を思い出してもらいマップを作成。
通りにはいろんな店があり、賑やかであったことがわかりました。

下妻さんご夫妻のご協力により、貴重な資料が出来上がりました。
ありがとうございました。

  


Posted by nakamura-shika at 19:01Comments(4)八女の町