最優秀の平島さんの梅干

2011年11月01日

家庭で作る梅干の日本一を決める「第6回全国梅干コンクール」。
今年は八女市立花町の平島洋子さんが最優秀賞に選ばれました。


その平島さんが、受賞した梅干を持って来られました。
少ししか残ってなくて写真は最後の方の梅干だそうです。

美味しいそうでしょう!





平島さんの梅は、「ふっくらとして柔らかく、果肉が多くて
皮が薄いのに破けない」と絶賛されたそうです。


梅は自家栽培の低農薬で育てた「七折」という品種で、
作られている所は少ないそうです。


梅とシソを育てて収穫するのは平島さんのご主人、漬けるのは奥さん。
夫婦合作の梅干です。


平島さんはパック詰めの時は、梅干を食べて1日元気で
頑張ってもらうようにと願って詰めているとおっしゃってました。

全国47都道府県から過去最高の1211点出品があったのですから
ご本人はびっくりするやら、嬉しいやらで毎日忙しく過ごしています。


私も自分のことの様に嬉しく思っています。

平島さん、おめでとうございます!これからもますますご活躍下さい!

来年は私も梅干食べたいです!
  


Posted by nakamura-shika at 20:01Comments(2)よく行くお店