素晴らしい芸を堪能!

2012年12月23日

今日は早起きをして着物を着て博多座に出かけました。
博多座 文楽公演を観るためです。
今回は昼の部と夜の部を欲張って観て来ました!

下の写真は夜の部の「傾城恋飛脚」、新口村の段です。






特に伊達娘恋緋子  火の見櫓の段 いわゆる八百屋の娘お七の
幻想的な場面にはすっかり魅了されました。

最後の壇浦兜軍記 阿古屋琴責の段では人形の動き、
琴、三味線、胡弓を使った場面には圧巻でした。

お人形がまるで本物の様に動いてしぐさの美しさに魅了されました。

今日は1日、文楽の世界に浸り楽しい時間となりました。
午後の部は文楽が初めての人でも十分に楽しめます。

皆さんも来年は博多座に文楽を見に行きませんか?
  


Posted by nakamura-shika at 21:34Comments(4)その他