長崎五三焼かすてらをゲット!

2013年09月15日

本日は、母と友人と有明フェリーに乗って島原に遊びに行きました。
まずは観光前に一度食べたかったカステラを買いに行きました。

須崎屋の長崎五三焼かすてらを手に入れるために南島原へ。
このカステラは作ってから1週間くらいが一番の食べごろだそうです。

それでまだ食べていないのでこんな風です。




ここの五三焼は3代目が取得したものを4代目、そして今の店主の5代目に
受け継がれています。

店の中では作業中でしたが気軽にお話を聞けて写真も撮れました。
72歳の伊藤代二さんで、職人歴50年以上です。





五三焼は従来のかすてらと違い、黄身と白身の割合が5対3で、
焼き上げるのに火加減調整が難しく量産できないそうです。
(1日限定10個)

須崎屋の五三焼の材料は、、阿波産の和三盆糖、相川の水飴、太陽卵、
蜂蜜のみで現在の店主が考えられたものです。

わざわざ行った甲斐があり、楽しい出会いと美味しい物を
手に入れることができて良かったです。

後は熟成を待って皆で食べる日を楽しみにしています!

  


Posted by nakamura-shika at 20:08Comments(2)よく行くお店