歯周病の治療は大事です!

2016年11月23日

本日は10時30分から天神の福岡県歯科医師会館にて
医科、歯科の立場から語る糖尿病と歯周病
  知っておくべき最新の知見  に行って来ました。

糖尿病と歯周病は深い関係があります。
最初は内科の先生による糖尿病についての基礎知識、
後半は歯周病学分野の先生から糖尿病と歯周病について
話を聞きました。




もちろん、糖尿病は専門の治療も必要ですが、
歯周病に罹患しているなら、治療をすることで
HbA1cの値の改善も見られます。

また、十分に噛んで食べること、食事療法、運動療法も
もちろん大事です。

働き盛りの方で歯周病があり、
小太り、糖尿病がある、たばこをよく吸う、
ストレスをたくさん抱えている、

上記の方は、ますます歯周病が重症化して、
糖尿病にも悪影響を与えます。
早めに歯科医院で治療をしましょう!

歯を失う原因は45歳以降は歯周病が多くなります。
残念な事に歯周病は自覚症状がなかなか出ないので
気がついたらかなり進行することになります。

早めに歯周病のチェックと治療をしましょう!



  


Posted by nakamura-shika at 17:26Comments(2)歯の健康