夏バージョンへ

2013年07月12日

冬には活躍した火鉢は結構大きいので場所をとります。
そのままにしていると灰が気になります。

下の様に作ってもらいました!
木工詩人の国武さん作。





これなら蓋の上にちょっと飾り物を置くと素敵です。
火鉢が夏バージョンに変身!

今年の冬までしばしお休みです。


同じカテゴリー(よく行くお店)の記事画像
器と食事で秋を頂きました
ゲストを招いて誕生日会!
色々楽しめます!
蕎麦屋で誕生日会!
新物でした!
ゴボウとクルミのケーキ!
同じカテゴリー(よく行くお店)の記事
 器と食事で秋を頂きました (2018-09-17 12:01)
 ゲストを招いて誕生日会! (2018-08-27 20:58)
 色々楽しめます! (2018-07-27 13:21)
 蕎麦屋で誕生日会! (2018-06-09 21:26)
 新物でした! (2018-01-31 22:08)
 ゴボウとクルミのケーキ! (2018-01-26 22:28)

この記事へのコメント
先生 いいですねー!!
年数が経って色艶が出てきたらまた趣が変わるでしょうね!!! 。。○
Posted by ji-anji-an at 2013年07月13日 00:15
お洒落ですね~、どんなお飾りが鎮座
ましますのでしょう?
Posted by FROM TAMA at 2013年07月13日 18:15
JIA-ANさんへ
八女は手仕事する人が身近にいるので助かります。
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2013年07月15日 21:16
TAMAさんへ
ガラスの干支の置物など如何でしょうか?
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2013年07月15日 21:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。