手編みのスカーフ

2008年11月18日

79歳の室園さんは、待合室で待っている間にスカーフを編んでありました。
鈎針で、長編みとこま編みを組み合わせているそうです。

老人会の展示会に出品するように頼まれて作ってあります。






立体的な編み方でとても素敵です。
網目は320で、自分の首に巻いて少しおろせるくらいの長さだそうです。
ブローチを使ってとめたり、結んだりして使われるようです。

室園さんは、おしゃれでいつもきちんとしてあり、楽しんで作ってあります。
我流といわれましたが、とても素敵で、出来上がるのが楽しみです。

私は、編み物は中学の頃、祖母に三角ストールを編んだくらいです。
手作りできる人が、うらやましいです。

同じカテゴリー(その他)の記事画像
秋の味覚を満喫
韓国のお土産貰って嬉しい!
遅くなりましたが
みょうがとは!
森林セラピーしました
パリから
同じカテゴリー(その他)の記事
 秋の味覚を満喫 (2018-10-06 15:17)
 韓国のお土産貰って嬉しい! (2018-09-10 13:33)
 遅くなりましたが (2018-08-06 13:46)
 みょうがとは! (2018-08-02 21:06)
 森林セラピーしました (2018-07-16 19:46)
 パリから (2018-06-15 13:09)

Posted by nakamura-shika at 19:54│Comments(3)その他
この記事へのコメント
とても、素敵な色合いのスカーフ?ストール?ですね。  !(^^)!
Posted by アランカアランカ at 2008年11月18日 22:56
うわぁー♡あったかそうですね!!
Posted by たくや at 2008年11月18日 23:01
手作りっていいですよね。
アランカさんは編み物されないのですか?


たくやさん、コメントありがとうございます。
どんな風に完成するか楽しみにしています。出来たらアップしますので。
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2008年11月19日 07:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。