素晴らしい本丸御殿!

2009年05月17日

朝から雨だったので、予定を変更し、熊本へ。
熊本城の「本丸御殿大広間」を見学に行きました。

特に「昭君之間」は、藩主の居間で、一番格式があります。
豪華で素晴らしい!
フラッシュが使えず、なかなか全景を撮るのは困難でした。





障壁画に描かれた馬に乗った女性は四大美女の一人の「王昭君」です。
中央の房がある部は、中に部屋があり、殿様を守る家来が陣取っていたそうです。

天井は、繊細な植物が描かれています。
素晴らしい!






下の写真は、鶴之間から撮った大広間で、奥に「昭君之間」が見れます。
60畳の鶴之間、35畳の梅之間、28畳の櫻之間、24畳の桐之間が、
連なる大広間です。





本丸は大広間だけでなく、数奇屋「茶室)、大御台所が復元されていて
全てが素晴らしく、細部にまで凝って作られたのがよくわかります。


一度見に行く価値は十分にあります。


同じカテゴリー(名所)の記事画像
今年の猿面
感動、初雪でした!
紅葉がきれいでした!
出雲から!
ホルモンラーメン 美味しかった!
最後に見られました!
同じカテゴリー(名所)の記事
 今年の猿面 (2018-02-04 10:33)
 感動、初雪でした! (2017-11-26 16:24)
 紅葉がきれいでした! (2017-11-12 19:25)
 出雲から! (2017-11-06 21:06)
 ホルモンラーメン 美味しかった! (2017-08-27 17:01)
 最後に見られました! (2017-08-14 13:05)

Posted by nakamura-shika at 19:58│Comments(10)名所
この記事へのコメント
確か昨年、リニューアルされて、本丸も再現された
 のですよね。
 お城も沢山ある中で、熊本城のスケールは素晴らしい
 ですし歴史的な価値も大きいですね。
 
 私の生まれた土地(残念乍、記憶にはありませんが)
 でもありますので、 是非是非見学に行きたいと思って
 います。 
 美しいブログを有難うございました。 
 感動しました。
 
 
Posted by FROM TAMA at 2009年05月17日 22:10
TAMAさんへ
熊本生まれなのですか。
熊本城は見る価値があるところが多い上に
今回、本丸もできて素晴らしいです。
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2009年05月17日 22:16
私も先月?行ってきました。見ごたえありますね。熊本の方々のお城に対する気持の表れを感じました。福岡にも福岡城跡と櫓は少し残っているのですが・・・知らない方も多く、なかなか盛り上がらないのが現状です。
Posted by アランカアランカ at 2009年05月17日 23:02
私も昨年行きましたよ。
本丸復元に際して
九州の木材だけでは足りず
全国から集められたと聞きました。
昔のお金のかけ方は現在とはケタが違いますね!
Posted by さすらう女 at 2009年05月18日 09:12
熊本城、アランカさんの記事を見て行きたいと思っていました。先生も行かれたのですね(^-^)!
Posted by おちゃ at 2009年05月18日 09:13
アランカさんへ
熊本城を見ながら、福岡にも残っていたらいいのにと
思いました。跡だけではなかなかアピールしにくいですね。
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2009年05月18日 13:34
さすらう女さんへ
雨のためかいつもよりは見学者が少なかったのでは
ないでしょうか。
ヒノキとケヤキ、素晴らしかったです。
 
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2009年05月18日 13:36
おちゃさんへ
見ごたえがあり、加藤清正の時代を感じることができました。
やっと行きました。
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2009年05月18日 13:38
熊本に来れれたんですね。
熊本城は肥後っ子の自慢です。
こんど来る機会がありましたら、熊本交通センター1番のりばのシャロームにもお立ち寄り下さい。
熊本の待ち歩きの旅情報提供いたします。
Posted by ユジーンユジーン at 2009年05月19日 11:54
ユジーンさんへ
コメントありがとうございます。

熊本城、素晴らしいですね!
今度熊本に行った時はシャロームに寄ります。
よろしくお願いします。
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2009年05月19日 14:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。