おきあげがいっぱい!

2010年02月20日

紺屋町の朝日商事さんには、木目込み人形だけでなく
珍しい物が展示されています。

明治後期に出来たおきあげです。
蔵に保存されていたため、今日まできれいに残ったそうです。




あきあげとは、下絵を写した厚紙に立体感をもたせるために綿を入れます。
その上に金襴、鹿の子などの端布で着物を作り、最後に顔をつけたものです。


歌舞伎を題材にしたものが多いようです。
表情豊かです。




昔は、箱雛の前の畳の縁に押し付けて飾ったそうです。
お雛様とは違った面白さがあります。


同じカテゴリー(八女の町)の記事画像
素敵な空間です!
黒木町の人形芝居
彼岸花と棚田!
八女福島町家散策ツアーは如何ですか?
ほっとしました!
びっくりしました!
同じカテゴリー(八女の町)の記事
 素敵な空間です! (2018-12-09 19:38)
 黒木町の人形芝居 (2018-11-03 20:10)
 彼岸花と棚田! (2018-09-22 20:49)
 八女福島町家散策ツアーは如何ですか? (2018-09-19 19:28)
 ほっとしました! (2018-05-27 09:15)
 びっくりしました! (2018-05-15 13:26)

Posted by nakamura-shika at 14:11│Comments(6)八女の町
この記事へのコメント
おきあげはじめてみました
浮世絵が浮き上がった様にも見えますね
Posted by コメット at 2010年02月20日 15:05
はじめてみました・・・
実物を見ると また 感動するんでしょうね~
Posted by スーさん at 2010年02月20日 15:13
コメットさんへ
表情が豊かで見ていておもしろいですよ。
実物を見にお出かけ下さい。
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2010年02月21日 20:08
スーさんへ
八女伝統工芸館にもおきあげが展示されていました。
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2010年02月21日 20:10
なにもかも実際に見る日が遠のき残念です。
子供のころに見た記憶が蘇りました。
Posted by FROM TAMA at 2010年02月22日 10:17
TAMAさんへ
保存状態が良くてきれいです。
歌舞伎の題材みたいなのでTAMAさんにお聞きしたいと思っていました。
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2010年02月22日 13:40
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。