今度は角帯 

2010年08月18日

和紙で出来た名古屋帯はブログで紹介しました。

今回は、男性の角帯八女伝統工芸館の和紙工房の
小野さんに作ってもらいました。







帯の色は差し上げるお二人の好きな色で作りました。
なかなか素敵な出来上がりです。

和紙は大きな可能性を秘めている素材です。

八女福島の燈籠人形のおまつりのときにしめてもらえると
嬉しいのですが。


同じカテゴリー(よく行くお店)の記事画像
器と食事で秋を頂きました
ゲストを招いて誕生日会!
色々楽しめます!
蕎麦屋で誕生日会!
新物でした!
ゴボウとクルミのケーキ!
同じカテゴリー(よく行くお店)の記事
 器と食事で秋を頂きました (2018-09-17 12:01)
 ゲストを招いて誕生日会! (2018-08-27 20:58)
 色々楽しめます! (2018-07-27 13:21)
 蕎麦屋で誕生日会! (2018-06-09 21:26)
 新物でした! (2018-01-31 22:08)
 ゴボウとクルミのケーキ! (2018-01-26 22:28)

この記事へのコメント
地に柄おある和紙をつかわれたのでしょうか?

素敵な地紋がでていますね。どちらの色も
甲乙つけ難くどんな素敵な方が締められるのか
想像してしまいます。 男性の角帯姿も
夏らしくて爽やかですね。その日のブログ
楽しみです。
Posted by FROM TAMA at 2010年08月18日 16:50
TAMAさんへ
染めた時の和紙の線維や染めむら?が模様になっているので
それを意識的に使って帯を作っています。

和紙の角帯を締めるのは、長唄の先生と燈籠人形での囃し方の
トップの方です。
千秋楽に締めてもらえると嬉しいです。
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2010年08月18日 19:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。