赤樟での最後の作品 

2011年09月03日

本日は9月の第1土曜日なので木工詩人の国武さんの工房では
9月の作品が展示されています。

今月は7月、8月と同じ赤樟を使ったもので
8月よりも小振りで繊細なオブジェが完成していました。







下は先月作っていた山桜のスプーン、小さな皿は朴の木、
大きい皿は水目桜を使っています。






赤樟による作品はこれで終わりだそうです。
来月はどんな作品に出会えるか楽しみです。

作品は明日まで展示しています。
遊びに行って下さい。

7月3日、8月6日のブログを参考にしてください。


同じカテゴリー(八女の町)の記事画像
素敵な空間です!
黒木町の人形芝居
彼岸花と棚田!
八女福島町家散策ツアーは如何ですか?
ほっとしました!
びっくりしました!
同じカテゴリー(八女の町)の記事
 素敵な空間です! (2018-12-09 19:38)
 黒木町の人形芝居 (2018-11-03 20:10)
 彼岸花と棚田! (2018-09-22 20:49)
 八女福島町家散策ツアーは如何ですか? (2018-09-19 19:28)
 ほっとしました! (2018-05-27 09:15)
 びっくりしました! (2018-05-15 13:26)

Posted by nakamura-shika at 15:05│Comments(2)八女の町
この記事へのコメント
いつも思います、木の作品はどれも
柔らかく、優しさを感じます。
お皿に何を乗せ、スプーンではハイジ
のようにスープを飲んだり、、
とイメージします。
Posted by FROM TAMA at 2011年09月03日 18:18
TAMAさんへ
今、山内の水天宮さんの花火大会の花火とその音を聞きながら
返事を書いています。吹く風も少し涼しくなりました。

今回の作品は前回よりも小さな分だけかなり細い部分があり
大変だったようです。
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2011年09月04日 20:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。