町家で見る 明治のおひなさま

2012年02月19日

八女のぼんぼりまつりの特徴の一つは
普段入ることがない町家の中に入ってその家のおひなさまを見られます。
ピンク色の提灯がさがっている所は見学可能です。

その中で明治中期で120年近くたっているおひなさまを飾っているのが
高橋章家で八女横町町家交流館の隣の家です。

八女の代表的な箱雛です。
うまく写りませんでしたが、保存状態は良くてきれいです。







玄関を入るとまずは昭和40年まで営んであった瀬戸物屋の売り物が
展示されています。







奥の右手の部屋に大正から昭和初期御殿雛が展示されています。
お布団や着替えなども残っています。

左にかけている着物はおひなさまの持ち主の奥様が七五三の時に
着たもので2月生まれなので梅柄です。







展示された部屋の前には一坪庭があります。
奥の蔵は食器蔵だったそうで現在は食堂になっています。






このような展示は八女の市民の好意で成り立っていますが、
おひなさまを出して飾って片付けるのだけでも大変なのに
家の中に人を入れることは大変気を使われていると思います。


ピンク色の提灯があったら是非入って見学下さい!
見学の際はどうぞマナーを守って頂けるますようにお願いします。


同じカテゴリー(八女の町)の記事画像
彼岸花と棚田!
八女福島町家散策ツアーは如何ですか?
ほっとしました!
びっくりしました!
可愛いですね!
赤いかわいい実!
同じカテゴリー(八女の町)の記事
 彼岸花と棚田! (2018-09-22 20:49)
 八女福島町家散策ツアーは如何ですか? (2018-09-19 19:28)
 ほっとしました! (2018-05-27 09:15)
 びっくりしました! (2018-05-15 13:26)
 可愛いですね! (2018-05-06 17:36)
 赤いかわいい実! (2018-04-27 13:17)

Posted by nakamura-shika at 15:19│Comments(4)八女の町
この記事へのコメント
八女でこのような行事が行われている
のはほんとに大勢の人に宣伝したい
ですね。 お雛様はいつみても
郷愁をそそられ昔の女の子!にとっても
嬉しいお祭りです。
Posted by FROM TAMA at 2012年02月19日 18:28
TAMAさんへ
今日は丁度、章さんの奥さんと色々話が出来ました。
たくさんの人におひなさまをみてもらえて供養になりますと
喜んでいました。

でも出し入れはかなり負担の様です。
ありがたいことです。
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2012年02月19日 20:37
ふとん屋ですので ひな壇前の座布団が気になります
シャレタ作り(カガミ作り)になってますねー 。。〇
Posted by ji-anji-an at 2012年02月19日 23:17
ji-anさんへ
そういえば座布団が違いますね。
気がつきませんでした。
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2012年02月20日 21:14
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。