救急法講習会に参加

2019年09月11日

今日は午後1時30分から八女消防署で行われた
応急手当講習会に皆で参加しました。

救命の連鎖の必要性を学んで、
実際の心肺蘇生法とAEDを実際に練習しました。

心配蘇生法とは胸骨圧迫と人工呼吸ですが、
胸骨圧迫は1分間に100回のリズムで行い、
人工呼吸と併用する場合は、胸骨圧迫30回と
人工呼吸2回を繰り返します。

AEDが到着するとガイダンスに従って
パットを着けて電気を流してショックを心臓に与えます。




実際に行うためには反復練習が必要で、かつ
協力者が多い方が良いと思います。

緊急事態が起こらないようにするのが一番大事ですが、
備えることも大切です。

定期的に診療室で練習をしなくてはと思います。
  


Posted by nakamura-shika at 19:35Comments(2)歯の健康