高菜の新漬です

2009年04月01日

今は、八百屋さんの店頭に高菜がたくさん並んでいます。
高菜は今の時期に浅く漬けて食べると美味しいです。
色が緑できれいです。


高菜の新漬です



細くきざんで、少ししょうゆをたらして鰹節をかけて食べます。
炊き立てのご飯と食べると美味しくておかわりしたくなります。


古くなっても、油いためにして食べたり、チャーハンに入れたり、
高菜で包んだおにぎりもなど色々食べられます。


でも写真のような漬け物は今の時期だけです。
夕食にも食べる予定です。


同じカテゴリー(その他)の記事画像
ポモドーロ・フォカッチャ
焼き上がり クロワッサン!
ジャムとドライフルーツ!
懐かしい 正太郎とバス!
プレッツェルを焼きました!
かわいらしい女の子!
同じカテゴリー(その他)の記事
 ポモドーロ・フォカッチャ (2020-03-28 16:29)
 焼き上がり クロワッサン! (2020-03-18 19:15)
 ジャムとドライフルーツ! (2020-03-13 13:46)
 懐かしい 正太郎とバス! (2020-03-05 20:28)
 プレッツェルを焼きました! (2020-02-26 18:53)
 かわいらしい女の子! (2020-02-20 19:20)

Posted by nakamura-shika at 13:52│Comments(12)その他
この記事へのコメント
 新高菜って色もきれいですし、 葉も柔らかく
 本当に美味しいですね。
 
 瀬高の野菜畑を思い出します。 広島菜にも
 にていますが、 微妙に違っています。
 
 芥子菜も懐かしいですね。
 
 春は新しい野菜が美味しいですね。
Posted by FROM TAMA at 2009年04月01日 17:58
TAMA,さんへ
高菜は阿蘇の物も美味しいんです。
一度食べてみてください。
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2009年04月01日 21:17
このての漬物は、全てブッコミチャーハンに


美味いっす!
Posted by 百笑 at 2009年04月01日 22:22
百笑さんへ
新漬だけは、このまま食べるほうが美味しいですよ。

今度、事業をおこされるようですね。頑張って下さい。 
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2009年04月01日 22:27
この季節のお漬物ですね、少しピリッとして・・・ご飯がすすみます。 
Posted by アランカアランカ at 2009年04月01日 22:49
アランカさんへ
確かに唐辛子が少し入っていてピリッとして美味しかったです。
ご飯をおかわりしてしまい、困ってます。
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2009年04月01日 23:12
学生の頃に博多のラーメン屋に置いてあった高菜が
忘れられません。
幅太に切ってあって歯ざわりがなんとも!
お酒も飲めないのに
漬物だけをぼりぼり食べるのが
好きな私です。
Posted by さすらう女 at 2009年04月02日 09:29
高梨のお漬物を細かく刻んで、しらすとゴマで混ぜ混ぜしたご飯、食べたいですo(^∇^o)(o^∇^)o
Posted by おちゃ at 2009年04月02日 12:29
さすらう女さんへ
古漬けの高菜も美味しいですね。
ただ私は辛いのは苦手なので、たくさんは食べれません。
古漬けの時は、大きめに切ってご飯を包んで食べるのが好きです。
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2009年04月02日 14:18
おちゃさんへ
炊き立てのご飯と新漬けの高菜、そしてたけのこの味噌汁があれば、
何にもいりません。とても美味しかったです。
確かにシラスを入れても美味しいでしょうね。今度やってみます。
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2009年04月02日 14:20
実は阿蘇の高菜が一番美味しいのは、同感なのです。
 丈は小さいのですが、柔らかくて美味しいですね、
 以前、阿蘇で高菜ピラフを食べましが、絶品でした。
 
 余談ですが、その時に飲んだトウキビ茶の香ばしさ
 も忘れられません。
Posted by FROM TAMA at 2009年04月02日 17:27
TAMAさんへ
私も阿蘇の高菜ピラフが大好きです。
今年の夏は、キャンプに行きたいと思っています。
Posted by nakamura-shikanakamura-shika at 2009年04月02日 19:23
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。