タケノコは最後が肝心

2016年05月01日

本日は朝8時からタケノコ堀りに出かけました。
下辺春にある患者さんのタケノコ山です。

タケノコを掘るのは2回目でしたが難しいですね。
それに斜面にあるので大変でした。

それでもたくさんのタケノコを取り、まずは皮むき。
ここでかなり量が減ります。

それから大釜で湯がき、沸騰してから1時間。
出来上がったら水をかけて冷やしながら最後の仕事です。

弓かけと言ってゆであがったタケノコをきれいに整えます。
写真でわかるように弓の小型です。




これをするときれいになりよりおいしく見えます。
こんな手間のかかることをしていたなんて
初めて知りました。




下の様になります。
最後のひと手間で全然違って見えます。




貴重な体験をして楽しい時間でした。
まずは、酢味噌で食べます!
  


Posted by nakamura-shika at 18:13Comments(4)その他